2012年12月12日

選挙前に

長らく放置してましたが、選挙が近づいてきたので。

まずは民主党解散、大変めでたいというか
やっとか・・・長かった・・・と ほっとしました。
人権侵害救済法、国会提出もギリのところで回避できてよかったです。
今度こそ慎重に選びたいもんです。
選挙に行ってみようかな・・・と思いつつ、自分の選挙区の議員が
どういう人物かわからない・・・という方のご参考にして欲しいURL・動画を
ご紹介します。

個人的に、人権侵害救済法・外国人参政権・TPP賛成の議員は
超絶お勧めしません

都道府県・選挙区別の議員評価
(マイナスによって議員の売国度・プラスによって愛国度がわかります)


■売国議員を紹介した動画(音が出ます。ご注意下さい)





殆どが民主党・・・


----------------------------------------------------------------------


■愛国議員さんを紹介した動画。くれぐれも上の人達と混同・お間違えなきよう



腐っても保守といいますか、自民の議員さんが多いです。
公約も一番建設的で具体的だと思います。
が、自民にも売国議員は潜んでますので、是非一番上の議員評価サイトで
ご自身の選挙区の議員を要チェックです。

ちなみに維新・・・
維新内の元たちあがれ日本の議員さんには愛国議員・保守の方もいますが
橋下氏はTPP・外国人参政権賛成派です。言ってる事もブレまくり
最近になって似非保守であることがぼろぼろと露見。要注意。
合流した 元たち日議員を除いては第二の民主党という印象です。
あと原発0など耳触りのいい事を言いつつデフレ脱却案が抽象的な党も
ロクなもんじゃないかと・・・

あくまで個人的な考えですので、気になった点は是非ご自身で
検索・ご確認される事をお勧めしますm(_ _)m


posted by KANO at 17:18| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

やれる事をやりましょう


人権委法案を閣議決定=臨時国会提出目指す


◆ローカル番組です。地方の方が偏向報道は幾らかましですね…
すぐに消される恐れがあるのでお早めにご覧下さい。二分程度です。


◆ネット番組(おそらく著作権フリーの桜チャンネル)
菅政権時代のですが、法案の内容は殆ど同一です。


唯一 反対派だった松原 仁特命担当大臣(国家公安委員長)が
外遊で留守の最中、狙ったように閣議が開かれ可決してしまいました。
(閣議は一人でも反対の議員がいると可決されません)
あともう一度閣議の後、国会に提出されてしまいます。

何度も言ってきましたが、これが国会を通ってしまえば
外国人参政権に反対したり北朝鮮拉致問題に言及した議員ですら
「差別だ!」「在日朝鮮人の人権を侵害してる!」と罪に問われるような事に
なりかねません。
たとえば、今起きている中韓との摩擦(領土問題)の流れなどで
中韓や在日の中韓の人々について悪く言っただけで訴えられ
家宅捜索されたり多額の罰金を払わなくてはいけないような
そういう事になりうる法案です。極端な話ではなく、まさにその為に
たてられようとしている法案です。
(もちろん小説・漫画など創作物の中でも中韓への批判等
自由な表現ができなくなっていくでしょう)
国民はおろか議員や評論家までがそんな状態になったらどうなると思いますか?

これは日本の乗っ取りと日本人を奴隷化する第一歩となる法案です。
これが通れば、外国人参政権や移民政策など
次々と日本人を圧迫・搾取する政策が決まっていく事になるのは
目に見えてます。
(これで失敗してる国がEUにたくさんあります。オランダ・スウェーデンなどは
あと数年で移民の人口が自国民を超すと言われてます。対立から治安も悪化しています
一年前にはノルウェーでテロも起こってますよね)
在日団体に支援され、新韓・親中が横行する民主党が倒れたとしても
ネットが規制(違法ダウンロード刑罰化・ACTA)され、
メディアも殆どが反日組織に支配されてる中
今後の日本人がまともな選択をする為の情報は遮断されていきます。
保守政党の自民党の中にも売国議員は少なくありませんし
人権救済法という足枷のもとには、日本や日本人を守る為の政策は難しくなるでしょう
(維新ですか? 既に化けの皮が剥がれつつありますが
これ民主の後釜ですのでご注意下さい)

日本で政治についてあれこれ言うと大抵しらけた目で見られますよね。
でも知ってしまった以上、さすがに見て見ぬふりはできない事です。それくらいやばいです
(なかなか伝わらないわけですが…)
私のような漫画描きのはしくれがこういう事を言う事も、結構リスク高いです。
でも、ちょっとでもここを覗いて下さる方がおられるなら…という気持ちですので
覚醒して下さった方は、ぜひご自身の為や、ご家族(子供さん)の未来の為に
できる事をやって頂きたいです。

【人権擁護法、国会提出までにできる事】
(メールはもみ消される恐れがありますので、詳細な宛名付のFAXが
効果的との事)


■松原大臣に国会提出阻止の請願をFAX

●「特命担当大臣・国家公安委員長 松原 仁議員宛」
TEL 03-3508-7452 / FAX 03-3580-7336

反対して下さってる方なので、抗議文というより
国会提出を阻止して下さるよう強く請願する形のFAXがベストかと

■「人権侵害救済法案・人権救済機関設置法案 ・人権委員会設置法案
  等の類似名称の国会提出に反対」の旨の抗議文を以下の部署にFAX


●法務省 
「滝実法務委大臣宛」「谷博之副大臣宛」「松野信夫政務官宛」(連名でも可) 
 TEL03-3508-7081 / FAX03-3508-3861

●内閣法制局
「山本庸幸内閣法制局長官宛」「横畠裕介内閣法制次長宛」(連名でも可)
 FAX03-3581-4049

■抗議例文見つけましたのでリンクしときます
例文 1 2 3 4 5

PCから無料でFAXを送れるサイト
1つのメアドで1日2回まで送信可
posted by KANO at 13:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

【拡散希望】人権侵害救済法案 再び(抗議用テンプレDL先追記しました)

【9/4追記】
なんとか今国会での提出は免れました。
ただ、今回は時間切れにつき持ち越されただけで
「次の臨時国会への提出を目指したい」 そうです。
この必死さ…気持ち悪すぎる…
臨時国会は代表選(今月末)のすぐ後ですので、引き続き
抗議FAX・メールなど、お時間のある方は法務省に送られたし…

人権救済機関設置法案は、国民の言論・表現の自由を奪う悪法です。
どうか他人事と思わずに検索等でお調べ下さい。
(10月からは「違法ダウンロード刑罰化」の実施により、参考動画の多くが
削除される恐れがありますので、是非それまでに!)


--------------

はじめに。 また法案の名称が変わりました。四回目です。
人権擁護法案→人権侵害救済法案→人権委員会設置法案→人権救済機関設置法案
どんどん長くなってます^^; 今回は同時に二つの名称が出回り混乱を招きました。
名称を間違うと抗議文も無効になるそうです。姑息っていうか…

--------------

■民主部門会議、人権救済法案を了承 反対派の意見押し切り(8/29産経記事)
言論・表現の自由どころじゃなく治安・歴史・文化、今まで日本が築いてきた
色んなものが失われる怖れのある危険な法案です。(都条例など及ばない程の)
まんがを読む層の方にどうしたら伝わるんだろーか…

--------------

領土問題に隠れて、民主党が最後のスパートをかけてきました。
民主党は(+公明党も)支持母体である反日団体との約束を守る為
残された僅かな任期中に、今度こそ本気で
この危険な法案を通そうとしてくると思います。

あらためて人権侵害救済法とは… (youtube動画*音声有り)
この動画を見て不愉快になられる方もおられるかもしれません。
一漫画描きとしてはとても申し訳なく残念に思いますが
現状、日本人としては黙ってられないという気持ちです。

今回の領土問題で明るみになった
日本にとって何の利益にもならない隣国への投資(援助)の他にも
被災地復興も据え置きのまま、メリットやデメリットの説明もなしに
独断で、危険とされるTPP参加を表明し、
デフレ脱却の具体案もないままに増税に踏み切るなど
日本の為にならない事にばかり積極的な民主党ですが
一番の目的は、人権侵害救済法を通し、
最終的に外国人参政権獲得の流れに持っていく事です。
さすがに、残された任期中に外国人参政権までは諦めてるかもですが
とっかかりの人権侵害救済法(日本人への言論弾圧・人権侵害)は
やけくそとばかりに強引に通そうとする恐れがあります。
人権侵害救済法さえ通ってしまえば、外国人参政権は通ったも同然に
なります。日本人は言論の自由を奪われ、内側から侵略される
そういう流れとなります。
これらの危険性については、カテゴリー「その他」から
過去記事もご覧下さい。
何度も言ってきてますが、民主党は日本人の為の政党ではありません。
証拠そのいち(youtube動画*音声有り)


■web署名PC版【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します 
■携帯版署名はこちら
既に署名にご参加下さった方は、改めて署名ページのツイートボタンをぽちっと
拡散して頂けるとありがたいです。

■FAX用抗議文テンプレをダウンロード
***このページに飛んでダウンロードボタンをクリック。pdfファイルです。

(ダウンロードして印刷の上、宛先などを記入するだけで送れます。
(テンプレには法務省他、各党のメール先・TEL/FAX先の情報も含まれてます)
テンプレの場合、組織票的な捉え方をされるというマイナス面もありますので、
短文でも直筆で意見の補足・都道府県・年齢(できれば氏名)を書き添えられる事を
お勧めします。




法務省 TEL 03-3580-4111/FAX 03-3592-7393
ご意見メールフォーム   (氏名は無記名でもOKのようです)

宛名は、「法務省 法務大臣 滝 実(議員様宛)」と名指しにした方が確実です

各党議員・法務省へのアクセスは敷居が高く感じられる方も多いと思いますが
FAX用抗議文テンプレへのリンクもはってますので、ご参考の上よろしくです。

何度も言ってるかと思いますが、私は現政権に交代するまで
政治になど一切興味がなかった人間です。それでもやばいと思ったので
こんな漫画描きが言うべきではない事を言ってます。
事なきを得ればラッキーですが、そうでなかった場合
本当に深く深く後悔する事だと思います。
ご自身の為にも、何かひとつでもいいのでどうかアクションを…!

「人権救済機関…(ながい)」が通ってしまうと次に持ち上がってくるのが
「外国人参政権」です。むしろ民主党とその支援者達の本命はこっちです。


c02bfd6b.jpg
わかりやすいのでぜひ拡大して見て下さい



posted by KANO at 09:24| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

外国人参政権よりも恐い法案ー外国人住民基本法案ー

もうなんのINFOかわからなくなってきました−−;
昨日は文吾の12歳の誕生日だったというのに
またこんな話題でブログを書いてます。
(ツイッターやブログで拡散して下さってる方々、
気に留めて下さった方々
ほんとにありがとうございますm(__)m)

実のところ、人権侵害救済法についての反応
まだまだ薄く…そうこうしてる間に
また新たな法案について知りました。

政府は外国人参政権を取り下げて、それより数倍強力(凶悪)な
「外国人住民基本法」を可決に向けて推し進めてるそうです。

これは不法入国・不法滞在者問わず、3年経てば永住権を
外国人に与えるという制度です。
つまり、犯罪者だろうがなんだろうが、3年経てば
日本国民と全く同様の権利を与えるというめちゃくちゃな法案。


可決されなかったらされなかったでそれはラッキーな事なんですが
これも、ほっといて可決したら後悔くらいじゃ清まない事だと思うんで
しつこくお知らせさせて貰います。

スウェーデンの現状(動画・音が出ますのでご注意)
人権侵害救済法・外国人住民基本法が可決された際、
日本が辿ると思われる道です。
ヨーロッパでは多民族国家政策をとった幾つかの国が
今危機に瀕してます。

弁護士事務所さんのブログ記事
私が言っても説得力がないようなので、こちら、覗いてみて下さい。
わかりやすくまとめられていました。

人権侵害救済法とは

■署名TV内
【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します
(インターネットで参加できる署名です)

http://www.shomei.tv/project-1300.html (PC)

http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1300&sessid=21e1e196a4ca651c9f173c73121ca0dc (モバイル)


posted by KANO at 02:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

拡散希望・人権侵害救済法案

■署名TV内
【外国人参政権】・【人権侵害救済法案】に断固反対します
(インターネットで参加できる署名です)

http://www.shomei.tv/project-1300.html (PC)

http://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1300&sessid=21e1e196a4ca651c9f173c73121ca0dc (モバイル)


提出先: 櫻井よしこ氏・内閣府・主要政党・新聞社・テレビ局

読者さんに教えて頂きました(ありがとうございます!)
署名TVはオンライン署名サイトとして、誰もが色んな署名を募れる場です。


人権侵害救済法案とは

一見、とても良い響きのあるこの法案ですが
国民から言論の自由を奪う(文化の衰退を招く)、とても危険な法案です。
また、この法案が通れば、外国人参政権への反対意見も「差別」とみなされますので
こちらも通ったも同然という事になります。こちらと人権侵害救済法がセットになると
日本の中で、日本人の意見が一番通りにくいという状況を招く恐れがあり
本当に恐ろしくおかしな法案です。

***私は差別的な意味で反対しているわけではありません。
外国人参政権を許している国は国際的にも殆どなく、それが当たり前であるのと
日本にそれを推し進める理由が何もない点、かつ、これを認めた国での治安問題など
全くいい話を聞かないからです。(しかも日本は今被災地の復興中…)


■まんがで見る人権侵害救済法案(旧 人権庇護法案)
http://www.youtube.com/watch?v=fI63MJoyLN0(動画)


BLというジャンルの消滅も容易に想像できますので、出版社さん2社に
尋ねたところ、この法案自体をご存知なくて驚きました…
(数社が集まる会議の議題にして頂けるそうです)
出版社さんの見解を聞くまでわかりませんが、以前問題になった
都条例よりも大きな問題であると思います。

この法案は過去にも持ち上がりましたが、その際はTV・新聞が騒ぎたて
反対の世論が広まった事で食い止められたようですが
今回はそれを避ける為か、TVと新聞は法案上、規制から除外されてる
(自分たちは関係ない)のでマスコミはこの法案の事を殆ど口にしません。
***マスコミ的には、ネットが規制されるとTV離れが食い止められるのと
嘘を暴かれる心配が減るので、むしろ通って欲しいのかもですね

私はこの法案をネットで知りましたが
もしこの法案が通り、ネットが規制されてしまえば
政府やマスコミが伏せたい事は、より耳に入りにくい状態になるかと…


マスコミの偏向報道については、日記などでもちらちら語ってきましたが
NHKすら歴史の捏造番組を放送して問題になってるという現実…
それも合わせて考えるとすごく怖い。
某俳優さんが偏向放送をツイッターで暴露して話題になってますが
TVの扱い(ワイドショーを動画で見た)では一方的に
俳優さんの方がおかしな事を言ってるような扱いになってました。
彼は人権侵害救済法にも言及してたというのにその下りは無視で
夫婦仲の心配という下世話な話題へと逸らして軽い扱い。

私はフィギュアスケートやサッカーの中継・報道で数年前から偏向が
気になってましたので、やっぱりな…というのがナチュラルな感想です。
日本のTVは外国資本に殆ど支配・影響されてますよ(数字でも明らか)
政治にも同じ事が言えます。(度重なる献金問題を見れば明らか)

平和ボケを返上しないと大変な事になりそうです。

posted by KANO at 23:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

日記よりも…

日記よりこちらの方が見て下さってる方が多いと思いますので
こちらにUP。

先日、災害のどさくさに紛れて閣議決定された
「コンピューター監視法案」が既に動き出しています。
言論統制がこの日本で行われようとしています。
これは、漫画を取り締まる都条例以上に怖い事ですよ…

http://www.youtube.com/watch?v=jzH89fLD5HQ

上の動画は、その法案についてのニコニコ動画の特別番組です。
この動画すら消されてしまう可能性がありますので、
早めに見て頂きたい…

日記にも書きましたが、何気なく私たちが見ているTVも
もう既に偏向報道に汚染されてます。
唯一真実を知る手段だったインターネットも
今回の法案により、言論統制されつつある状態です。
おかしいことをおかしいと言えないような国で
漫画を描く事・読む事が今まで通り楽しめる世の中が続くとは
思えないわけで…
なのでこちらでお知らせします。

こんな事が続けば簡単に世論操作、又は情報を遮断されて
国民にとって不利な法案でもガンガン通りまくりますよ…
どこが民主主義なんだろうか。

こういう話題を苦手と思われてる方も多いと思いますが
私も、その一人でした。
そういう人間ですら危機感を感じている事実が伝われば…という
気持ちです。

posted by KANO at 09:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

遅ればせながら

リブレさんHP内のBBSに年末年始のご挨拶を
たくさん頂いている事に気づきました。
ご挨拶下さった皆さんありがとうございました!^^
遅くなりましたが今年も宜しくお願いします

新たにlove*mailやメールにて
雑誌掲載作やキャラへのメッセージを下さってる皆さんも
ありがとうございます^^*
日々とっても励みになってます!
長らく登場してないキャラへのラブコールもありがとうございます。
今年秋発売予定の画集では、なるべくたくさんのキャラで
コラボ漫画を描きたいと思ってますので
ラブコール頂いたキャラ達を出せますよう頑張ります

posted by KANO at 02:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

800000hitありがとうございます

こんな更新の少ないHPだというのに…毎日たくさんいらして下さって
ありがとうございますm(__)m
そしてキリ番ゲッターさんからのご連絡も頂いてます^^
お知らせ下さってありがとうございます!
他にもお祝いコメント下さった方々に感謝です。

綺麗なキリ番なので何か企画をやりたい、というか
長らくお待たせしているキャラインタビュー企画やらやらねば…なのですが
ちょっと前回の更新で時間を使い果たした状態で、また仕事三昧です。
ごめんなさい…ネームの仕事を抱えてない時に必ず…!
(…といっても以後三ヶ月は長編漫画の仕事が連続するんですが−−;)

ネームといえば、PCサイトでの新企画…
覗いて下さってる方はたくさんいらっしゃるようですが
リクエストの反応が薄めでですね…苦笑
コーナーの存続を見直しております。
ネームばっかしつらつらUPされ続けても確かに微妙だと思うので
期間限定にするか、一定の所で更新を止めるかしようと思います。
とりあえず今リクエスト頂いているものは、出来る限り採用の方向で
考えてます^^ありがとうございます^^

-----------------------

そうこうしてるうちにもう9月も終わりかけですが…
最近発売になりましたドラマCD「迷う男」「Punch↑2」に
早速ご感想を下さった方々、ありがとうございました!
裏方としてですが、今作もできる限りの事を頑張ったつもりなので
漫画のご感想同様にとっても嬉しいです^^
この連休が仇となり「届かない!!」という方もおられるようで
歯痒いですが…ぜひぜひご感想など聞かせて下さいね。

ここでちょっと裏話。
Punch↑2の収録では、ちょうどPBB2・付録CD付GOLD発売後だったのもあり
リブレさんHP内・鹿乃BBSに頂いていた
忍・新キャスト 遊佐さんへの熱いメッセージの数々を
リブレさんが遊佐さんへプリントアウトしてお伝え下さったそうです^^
そんなわけで…皆さんの寄せて下さったメッセージ、伝わってますよー!とお知らせしておきます^^
↑今頃…ですが^^;仕事でバタついており、つい書き漏らしてしまってました。私にとっても、すごく嬉しい事です。ありがとうございました!

そして、雑誌掲載作へのご感想もありがとうございます^^*
「Punch」…展開がアレなので(苦笑)ヤキモキさせてしまって申し訳なく思いつつ、
連載形式は久々で、毎回新鮮な気持ちで作業してます。
11月ピアスさんからは「大本気」も再開しますのでどうぞ宜しく。
連載は一掲載ごとの糖度が低くなりがちなのが辛いとこなんですが
ずっと追って下さると嬉しいです。
posted by KANO at 02:27| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございますm(__)m

昨年末は色々と告知関係をUPするのが精一杯で大変お礼が遅れましたが
お手紙・メール・love*mail・アンケート・リブレさんBBSから
ご感想やメッセージを下さった皆さん、ありがとうございました!
細やかにお返事できないのが毎回とても歯痒いのですが
今年一年、本当にお力を頂きました!
一言にほんわかさせて頂いたり、ウケたり、
とても細やかなご感想に触発されたり メッセージにじーんとしたり…
全て大切に読ませて頂いてます。
また、各雑誌・コミックスを読んで下さった皆さん、
CDを聴いて下さった方々、そして
こんなに更新の少ないHPを覗いて下さった皆さんにも感謝です…!

昨年も 読者さん、各社編集部さん・担当さん方、印刷所さん、
お世話になってる方々、そして家族や友人に支えられて
何とか一本も原稿を落とさず(当たり前の事ですが…)
精一杯の仕事が出来ました事に感謝で一杯です。
なのにまた年賀状すら出せそうにない現状がなんとも申し訳なく情けないのですが
この場を借りまして少しでもお伝えできたらと思います。
本当に昨年中はお世話になりました!

どうぞ本年も、何卒よろしくお願い致します…!


今年はBBSの類が一切なく寂しいので、こちらのコメント欄を
書込みOKのBBS状態にさせて頂きます。
宜しければ、どうかお気軽に足跡を残していって下さいね^^
それでは…皆さんにとっても実りのある一年になりますように…!
ありがとうございました。

鹿乃しうこ 2009.元旦
posted by KANO at 00:08| Comment(33) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

近況

メールやBBSでご心配下さってる皆さんありがとうございます^^
そして、ご心配をおかけして申し訳ありません。
特に、コーナー参加されておらず状況を詳しくご存知ない方々には
ご迷惑をおかけしましたm(__)m
順調に次の仕事を楽しんでやってますのでどうかご心配なく!

*clubE-KENNELにお越しの皆さんへ*
励ましのメッセージなど、ありがたく読ませて頂いてます。
今まで通り、ぜひ楽しい憩いの場として利用してやって下さいね^^
忍欄が再び賑わっているのを拝見して、とっても嬉しく思っております。今後ともどうぞ宜しくです^^
posted by KANO at 12:54| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

clubE-KENNELにご参加下さっていたP.B.B.読者の皆さんへ

HP管理人としてではなく漫画描きとして、改めてお伝えしたい事を
日記として書きました。
この話題に興味のない方、コーナーの存在に否定的な方はスルーして下さい。

こちらになります

正式なリンクは準備中ですが、日記を携帯からも閲覧できるものに移動しました。
posted by KANO at 13:40| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

clubE-KENNELについて補足です

先日こちらでお伝えした事について、BBSやclubE-KENNELで反応下さった皆さんありがとうございましたm(__)m
ショックを受けられたとのお声もあり、反省すべき所もあったかと
思っております。
読み返すととても回りくどい書き方をしているのですが、
私が言いたかった事は、皆さんの要望全てに応えられない生身の書き手としての事情と、
こちらにいらしている皆さんに仲良くして頂きたいという2つの事でした。

実は本日、未だふたつのシリーズ間にわだかまりを持たれている、と感じた書き込みに対して注意を呼びかけました。
以前から、「同盟・同志」というお言葉で皆さんが仲間意識を持って仲良くされているのは
とても嬉しい事であり、ありがたく思っておりますが、
度々他項目コメントへの批判と同時に、排他的とも受取れる使い方をされている方がおられるのも事実であり、それだけが残念でした。
(表現がきつく、他の方を傷つける恐れのあるものは削除処置してきました)
特に残念なのは、個人のコメントが、まるでそのコメント欄にいらしている方々の総意のような錯覚を与えてしまうという事です。
こんな風に、ほんの一言の為に、本来仲間である方たちの印象まで損なってしまう事などきっと望まれてないですよね。
早く気づいて頂きたいと思い、お伝えするべきだと思いました。

ルールやマナーを守って下さっている方々には、一時でも不愉快な場にしてしまいました事、申し訳なく思っております。
また、今回注意呼びかけしましたコメントを下さった方へ…
表現がきつくなりましたが、作品にお寄せ頂いているお気持ち、
本当にありがたく思っております。
楽しい場として感じて下さっている事が、他の方にとってもそうなるよう、気に留めて頂けたら…と願っております。

長々とすみません…(歳のせいでしょうか…--;)
仲良く楽しい場として続けていけたらと思ってます。
ご協力頂けますと幸いですm(__)m
posted by KANO at 23:19| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

気になった事ですが

こちらでPunchが続くとお知らせした事で
clubE-KENNEL P.B.B.キャラの項目で掲載誌を気にされている方が
ちらほらおられるようなので、前からお話しようと思っていた事を。

まず、この二作の掲載誌を分けたとしましても、他社作との兼ね合いもあり、
私がリブレさんで年間にお仕事出来る本数というのは結局限りがあります。
なのでPunchがマガBEさんに移ったところで同じなのです…という辺りをお伝えしたいと思いました。

Punchが続くとP.B.B.が続かない…とお考えの方がいらっしゃるようで、
過去度々その事でclubE-KENNELでトラブルがありましたが、
正直にお話しますと、私はあまり一つの作品を集中して続けるのが得意ではありません。
続けるのならなおのこと、その作品に対しての充電期間というようなものが必要だったりします。

実はPunchの二話・三話の掲載枠で当初執筆予定だったのはP.B.B.の最終話でした。
ですが、もう少しP.B.B.について考え直したいと思い立ち、Punchを挟む事で、P.B.B.の先を考える事ができました。
また、Punchで脇役としてP.B.B.キャラを登場させた事に関しても、私の中では、P.B.B.継続への刺激になったと思ってます。
純粋にP.B.B.の先を読みたいと思って下さる方にご理解頂けるかわかりませんが、私にとってこの二作は分けて考えられない物なのです。
どちらも大切です。といいますか、この二作以外のものも全て大切です。

連載作をコンスタントに描けない事がプロとしてどーなんだろうか…とも思いますが
常に「今興味を持ってベストの状態で描ける物」を描く事が
私がこの仕事を続けていく為に必要な事だったりしますので
皆さんがどう受取られるかは別として、お伝えしておきたいと思いました。

とりあえず色んな物の作業中である現在、もやもやした気持ちを抱えているのも辛いので^^; 長々と失礼しました。 鹿乃しうこ
posted by KANO at 23:41| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする